青春18きっぷ 初心者のためのアドバイス講座

公開日: 切符





青春18きっぷ

こんばんは.きこうです.

もうすぐ冬の18きっぷの季節がやってきました.

18きっぷというと1日1人2,300円で日本全国の普通列車と快速列車が乗り放題という非常にお得な切符.鉄道ファン(特に乗り鉄)にとってはもう必要不可欠な切符.

最近この18きっぷが話題になり,鉄道に興味がない一般人でも18きっぷを使って「旅行をしてみよう!」「帰省に使おう!」と考える人が多いみたいです.
 

ただ,18きっぷの利用に慣れていなかったり,切符の使い方をイマイチ理解していなかったりすると,大変なことになります.

今日は,鉄道ファンではないけれども「18きっぷを使ってみようかな…?」と考えている初心者のために,18きっぷの使い方や注意事項を紹介したいと思います.

乗れるのはJRだけ

京葉線 E233 イメージ
18きっぷで乗れるのはJRだけです.私鉄や第三セクターは利用することができません.当たり前といえば当たり前なのですが,意外と初心者だと理解できていない人がいるようです.

例えば,東京から青森まで行こうと思ったとき,盛岡〜八戸間は第三セクターのため18きっぷは利用できません.18きっぷだけで行こうとすると大回りする必要があります.実際,東京から18きっぷ1回分2,300円だけでは青森に到着することはできません.

また埼京線と直通運転しているりんかい線などもJRではないので利用できません.

乗れるのは普通と快速だけ!特急・新幹線は乗れない!

普通列車 イメージ 2013-11-27
よく初心者は「特急料金を買い足せば特急に乗れる(18きっぷを乗車券代わりにできる)」と考えている人がいますが,これは大きな誤り.

18きっぷを乗車券代わりにすることはできません.特急に乗るときは普段特急に乗るときと同じように乗車券(運賃)+特急券が必要です.

すなわち,特急に乗る際は,18きっぷを持っていようが持ってなかろうが関係ないということです.

安いからという理由だけで18きっぷを使うのはNG!

普通列車 イメージ 氷見線 2013-11-27
安いからというだけ理由で長距離移動を18きっぷで行うというのであればやめた方が良いと思います.

18きっぷで使えるのは普通列車のみです.分かっていると思いますが,普通列車は遅いです.
 

例えば,東京から札幌まで18きっぷで行こうとすると丸2日かかります.となると,途中でホテルを予約して宿泊することになります.

そうなると片道だけで4,600円(18きっぷ)+約5,000円(宿泊費)かかることになります.

宿泊費がかかってしまう場合は他の交通機関とたいして費用は変わらなくなってしまいます.にもかかわらず時間はかかるし疲れるし….
 

最近は格安航空もありますし,目的地によっては高速バスだってあります.

自分の予定に合わせて時間をとるか?お金をとるか?を考えてくださいね.
 

ちなみに僕は,予定が詰まっているときや,上の例みたいに目的地に行くのに途中で宿泊する必要がある場合は新幹線などを使うことも多いです.一般的に,目的地までに片道2日以上かかり,宿泊する必要がある場合は特急新幹線を使った方が良いと考えています.

部分的に特急新幹線を使うことも大事

新幹線 イメージ 2013-11-27
18きっぷを使うとどうしてもすべて普通列車だけで移動したくなります.なにせ,せっかく1日2,300円で乗り放題の切符なのに,どうして正規料金を払って特急に乗らなくてはならないのか…??

初めのうちはそう考えてしまうものですが,途中で一部区間を特急や新幹線を使うのも効果的です.

例えば,東京から普通列車を乗り継いで関西方面に行こうと思った時,確かに普通列車を乗り継いで行っても良いのですが,それだとあまりに時間がかかりすぎたり,そして疲れてしまいます.

特に静岡県内.東京から熱海までは快速が(少ないですが)あります.また豊橋から大垣,米原から姫路までも新快速があります.しかし,静岡県内の熱海から豊橋までの長い区間はすべて普通列車です.

こうなると,熱海から豊橋までは普通列車での移動だけだとどうしても時間がかかりすぎてしまいます.

だから,一部区間を東海道新幹線を使うのです.18きっぷは使えないため正規料金を払うことになりますが,その分時間を大幅に短縮することが出来ます.
 

また,特急新幹線に限らず,私鉄や第三セクターを使うのも同じです.

よくある例だと四国の窪川〜若井.ここはJRではなく土佐くろしお鉄道ですので,18きっぷでは乗れません.だから18きっぷだけで移動しようとなると,いったん香川県まで戻る必要があります.そうなるとおそらく丸1日はかかってしまうでしょう….

でも,土佐くろしお鉄道に乗れば窪川〜若井は1駅なので200円6分です.
 

まぁ,これは極端な例ですが,他の例として,IGRいわて銀河鉄道,青い森鉄道の盛岡〜青森間.

ここも第三セクターなので盛岡〜八戸間は18きっぷでは乗れません.なので,18きっぷだけで盛岡〜青森間を行く場合,秋田を回って行かなくてはなりません.でも,第三セクターを使えば,+2,960円ですが,2時間程度で移動することが出来ます.

実は,この区間はもっとお得なことがありまして….

盛岡から新青森まで新幹線に乗ると3,400円.所要時間は30分です.

三セクと新幹線で値段が500円しか差がないのに,所要時間はなんと4分の1!!

これは新幹線を利用した方がお得ですね.
 

とまぁ,こんな風に,すべてを18きっぷで移動しようと思わないことも大事です.

鉄道に乗ることが楽しいと思うかどうか

青海川 2013-11-27
別に鉄道ファンでなくても,知らない所の普通列車に乗って車窓を見るのが楽しいと思う人も多いと思います.

でも,鉄道がただの移動手段だとしか思っていないというのであれば18きっぷの利用は避けるべきだと思います.
 

何度も言いますが,普通列車は遅いです.そして長時間座席に座っていなくてはなりません.実際,かなり疲れます.

鉄道に乗ることに何かしらの醍醐味を感じている人だけが18きっぷを使うべきです.

トラブル時の対処と時刻表の携帯

時刻表 2013-11-27
18きっぷで旅行をしている最中だって,列車が遅延したり運休したりすることはあります.そして18きっぷでは基本的には振替乗車などはできません.

当然,駅の有人改札やみどりの窓口は大混雑します.

そんなときに自分で対処する力が必要です.自力で代わりの手段を探さなければなりません.

これは別に18きっぷの旅行に限ったことではありませんが,自分でなんとかしようとせずすぐに人に聞こうとするような性格の人は18きっぷは避けるべきだと思います.
 

他に列車がなければ路線バスはないか?などを自分で調べようとする気持ちがなくてはなりません.

そしてそのためには必ず時刻表が必要になります.

スマホの乗り換え案内を使えばOK!という考えがありますが,あの手のものは精度が低いです.はっきりいって当てになりません.ましてや列車が遅延しているときはなおさら使い物になりません.

 
また,ローカル線なんかに乗るときは,携帯の電波が届かない区間も結構多いです.そのためにも,いつでも見ることができる時刻表は大事です.

 
時刻表の読み方が分からない人は18きっぷを使ってはいけないと思っていた方が良いでしょう.

まとめ

ということでまとめです.以下のことに十分注意して18きっぷを使いましょう.

  1. 使えるのはJRのみ
  2. 特急新幹線は特急券を追加購入しても使えない
  3. 時間とお金を考えて交通機関を選ぶ
  4. 片道移動に2日分以上使う場合は新幹線などの方が速く値段も変わらなくなる
  5. 18きっぷを購入したからといってすべての移動を18きっぷで行う必要はない
  6. 鉄道に乗ることが楽しいと感じることができる人が使うべき
  7. 遅延や運休が発生しても自力で代替手段を調べられる
  8. 時刻表は必ず持って行く

 
これらをよく考えた上で,18きっぷを使うのか?その他の手段を使うのかを選んでくださいね!



 

関連記事

20140325221236ae2

券売機でICカードが10円単位でチャージできるようになってる!

photo by Karl Baron さてさて,4月1日から消費税の増税に伴い,鉄道の運

記事を読む

2013080115244786a

18きっぷ 北陸地区も特例を設定 2015年度の発売も発表

毎年気になる青春18きっぷの発売. 2015年度もちゃんと発売されることが発表されました. 一

記事を読む

20131216124237f57

ぷらっとこだまの使い方

みなさんこんばんは.きこうです. JR東海ツアーズから販売されている「ぷらっとこだま」.よ

記事を読む

  • _MG_0702_-______2_
    名前:きこう
    乗り鉄や秘境駅,都営バスが好きな25歳学生です.ブログは自由気ままに書いていくとともに,何か役に立つ情報を発信できたらなぁと思っています.くわしくはこちら.よろしくお願いします.
PAGE TOP ↑