タオルの町今治市の タオル美術館 に行ってきた!

公開日: 2014年10月 因島





タオル美術館

さてさて,先日,瀬戸内海の因島に行ってきました.

と言っても,因島在住の高校時代の同級生に会うのが目的なので,これといってブログで報告するようなものはありません….

 
とりあえず,瀬戸大橋を渡った今治市にタオル美術館という謎の施設があるということを知ったため,そこに行ってみることにしました.

今回は,このタオル美術館の報告をします.

山奥に突如現れた巨大な建物が「タオル美術館」だった!

岡山県倉敷で車を借りて,因島に向かい,高校時代の同級生を乗せて,瀬戸大橋尾道今治ルートを進んでいきます.

多々羅大橋

多々羅大橋.こんな橋をいくつも渡っていきます.

 
今治ICで降りると,至る所にタオル美術館の広告が.ついでに道案内も兼ねています.

大通りから逸れて,山道を進んでいきます.

 こんなところにそんな観光地的なものがあるのか…?

なんて思いながら,進んでいくと…

タオル美術館外観

突如ヨーロッパ風の巨大な建物が見えてきました.どうやらこれがタオル美術館みたい…笑

山道の中突如現れたのでビックリですよ…笑

とにかくコットンですよ…

中に入るともう,とにかくコットンやタオルの展示品が多く並んでいます.

コットンポップコーン

綿で作ったポップコーン.ポップコーンの部分がすべて綿です.

コットンワイン

こちらも同様,綿です.

タオル製造過程

タオルの製造過程なんかも見ることができます.

タオル

今治市はタオルで有名な場所と小学校の社会で学んだ覚えがありますが,非常にその実感がわきましたね.

なぜか1200年製の流しや椅子が展示されている…笑

屋外に出るとなぜか,1200年製の流しや椅子が展示されています.

流し

1200〜1400年製,スペイン製の流し.

椅子

こちらは椅子.

こんなものが,屋外で雨風にされされていて良いのでしょうか…笑

きこうくんの感想:そこそこ楽しめました

ということで,タオル美術館をざっと紹介しました.

というより,ほとんどがタオル類の販売コーナーです.そして,予想以上の観光客がタオルをみな購入していました.

 
ちなみに4階に関しては有料ですが,今回この記事で紹介したコーナーはすべて無料で入場できます.

無料ということをふまえるとそこそこ満足ですね.

店舗情報

タオル美術館
住所:愛媛県今治市朝倉上甲2930



 

関連記事

記事はありませんでした

  • _MG_0702_-______2_
    名前:きこう
    乗り鉄や秘境駅,都営バスが好きな25歳学生です.ブログは自由気ままに書いていくとともに,何か役に立つ情報を発信できたらなぁと思っています.くわしくはこちら.よろしくお願いします.
PAGE TOP ↑